北見医師会看護専門学校

就職実績Employment Results

卒業生からのメッセージ

岡林OG岡林 沙椰香 さん

医療法人社団 高翔会 北星記念病院 勤務

看護師を目指そうと思ったきっかけは?
仕事や育児を通して幅広い年代の方と関わり、たくさんの人に支えられていることを実感しました。私も誰かを支えられるような人になりたいと考え、看護師を目指しました。
現在の部署での仕事内容を教えてください。
私は、一般病棟に勤務しています。一般病棟は入退院や検査などが多く、忙しい日もありますが、その分充実感もあります。病棟には、脳卒中発症直後の治療からリハビリを経て回復されていく方、不整脈・心臓カテーテル治療を行われる方、その他にも神経難病や口腔外科の患者さんが入院されており、様々な疾患を抱えた患者さんに関わる機会があります。まだまだ分からないことが多く、悩んだり不安になることもありますが、先輩方に助言をいただきながら、患者さんとの関わり方を考えたり、業務を覚えています。
現在の仕事で活かされている看護学校での学びはありますか?
看護学校では、相手に関心を持って関わることの大切さを教えていただきました。看護師は入院中の患者さんにとって最も身近な存在です。体温や血圧に異常がないか観察するだけでなく、病棟での患者さんの生活の様子から退院に向けてどのような関わりが必要か考えることを意識しています。また、健康管理も大切です。不規則な勤務で体調を崩していては十分な看護ができなく、また、せっかくの休日も楽しめないので、自分なりの生活リズムの整え方・ストレス発散方法を実践中です。
看護師を目指す後輩へのメッセージ
看護学校を受験する前は、年齢、子育てとの両立、就職できるかなど不安でいっぱいでした。 実際、看護学校の3年間は覚えること・課題も多く、辛いと感じることもありました。しかし、クラスは年齢層も幅広く、グループワークや実習を通し交流を深めるうちに、年齢の違いを越えて助け合える仲間となりました。その関係は学校を卒業した今も変わりません。 また、就職先の病院も社会人経験の後、看護師を目指した先輩方が数多く働いています。仕事や家庭のことについて相談に乗っていただき、サポートを得ながら仕事に臨むことができています。 今では勇気を出して看護の道を目指して良かったと思っています。看護学校・就職先の病院に感謝し、これからも励んでいきたいです。 看護師の道を志す学生・社会人の皆さん、新しい挑戦には必ず不安や疑問がついてくると思います。しかし、看護学校には助け合える仲間と先生方がいるので、漠然とした不安や疑問を解決できないまま自分の夢を諦めないでください。

上西OG上西 葵 さん

小林病院 勤務

看護師を目指そうと思ったきっかけは?
元々は医療関係とは別の仕事をしていたのですが、職場で人が倒れた時に何もできずただただ救急車が来るのを待つしかできないという出来事を経験したことがありました。この出来事をきっけに、「もっと人の役に立てる仕事がしたい」、「人の命に関わって仕事をしている看護師という職業は素敵だな」と思うようになり看護師を目指そうと思いました。
現在の部署での仕事内容を教えてください。
私は外科病棟に配属になり、現在は一人の患者さんを受け持たせて頂きながら、ICUのサブに入り検温、食事介助、口腔ケア、採血、ルート確保、サクション、オペが終了した患者様の受け入れ・処置、術後離床など様々な看護技術をさせて頂いています。自立していない技術に関しては見学、見守り実施をさせて頂きながら自立できるように実施できる機会を設けて頂いています。受持ち患者様に関しては疾患や症状、患者様との関り方について学習はもちろん、受持ち患者様を通して、指示受けや点滴などの薬品の準備、記録の記載、検査や処置についてなど一連の流れなどを学んでいます。これらのことを行うにあたり、先輩看護師さんと今の自分の状況や困っていることなどをその都度相談しながら1つ1つステップアップできるように日々業務を行っています。
現在の仕事で活かされている看護学校での学びはありますか?
実習の際に毎日行動計画の振り返りを行っていましたが、振り返ることで「なぜ上手くいかなかったのか」「なぜ成功することができたのか」「あの時どのような関りをすべきだったのか」など考えたり学習する機会ができ、それを次の日に活かすことでステップアップしていけることを学び、現在も毎日自分の中でその日の自分の行動などを振り返るようにしています。臨床に出て様々なことを体験したり、たくさんの患者様や家族と関わる中で、改めて自分を振り返る機会を作るということの大切さを感じています。そして、学生のときに根拠を明確にすることが大切であるということを学びました。実際に臨床に出てみて1つ1つのことに対して根拠を明確にすることで、安全安楽で意味のある看護提供はもちろん、患者様の不安の軽減などにも繋がるということを改めて感じました。そのため、まだまだ不 足部分は多いですが看護を行う上で「なぜ?」という視点を常に持って根拠を明確にして業務を行うようにしています。
看護師を目指す後輩へのメッセージ
看護学校では課題や学習など学習することが多かったり、辛いことも多いかもしれません。しかし勉強したことや、学生同士・先生・患者様・実習先の看護師さん達との関りなどその時その時で学んだことや経験したことは臨床に出たときに必ず役に立ちます。そのために、成功体験や失敗体験、など学生の内に経験できることはたくさん経験して、そこからの学びを自分の財産として大切に持っておいてください。 看護学校の3年間はクラスメイトと支えあったり、先生方に支えられて乗り越えられることがたくさんあります。そのため、学生も“チーム”で活動しているということを意識して、支えてくれる方たちへの感謝の気持ちを忘れずに充実した学生生活を送って下さい。

芳賀OG芳賀 貴実 さん

丸玉木材(株)津別病院 勤務

看護師を目指そうと思ったきっかけは?
目指すきっかけになったのは、今の職場からお話があったからです。院内薬局で働いていたところ声をかけていただきました。看護師には向いていないと思っており、不安はありましたが周りと話をしていくうちに、いつも助けてもらっている私が次は助ける側になれると感じ、勇気を出して看護師を目指そうと決意しました。
現在の部署での仕事内容を教えてください。
病棟ではリハビリ目的で入院される方から終末期の方など幅広い疾患、病状の患者さんが入院されています。認定看護師も在籍しており、一緒に部屋をまわり褥瘡のケアもしています。チームで協力し退院に向けての看護、ターミナルケアなどひとりひとりに合わせた看護を行っています。また、他部署や施設、ケアマネージャーと連携し退院調整を行い、退院後不安なく過ごせる環境で生活できるようすすめています。多くの知識や技術が必要でありますが、入院中最後まで安楽に過ごせる看護を目指して日々仕事に励んでいます。
現在の仕事で活かされている看護学校での学びはありますか?
些細なことでも相談することの大切さを教わりました。自分の力だけで出来ることは限られます。周りに話すことで解決につながるアドバイス得られ 、情報共有にもつながります。また経験から得た先輩方の話は学びにもつながり、今後の看護にも活かすことができます。抱え込まず些細な相談から大きな学びを得て患者さんにとって、より良い形で看護にあたることができるよう心掛けています。
看護師を目指す後輩へのメッセージ
新しいことに挑戦することはとても不安でした。年齢のことや私自身要領よく物事を進めることが苦手であり、こんな私にできるのだろうかと悩みました。 しかし決意して入学して、先生方や同じ道を目指す友人の助けもあり卒業し資格を得ることができました。学校生活もそうでしたが職場でも変わらず周りの協力を得て今があります。自分ひとりの力ではここまでできなかったと感じます。大変な仕事のなかにも、患者さんの状態がよくなっていく姿や退院されるとやりがいがある仕事だと感じ看護師になってよかったと思います。あの時何事も経験と思い、勇気を出して一歩を踏み出し挑戦してよかったと感じます。少しでも看護に興味があるのなら勇気を出して挑戦してみてください。

土本OG土本 ゆりか さん

置戸赤十字病院 勤務

看護師を目指そうと思ったきっかけは?
元々医療事務として就職し、看護師と一緒に仕事をするなかで大変さを感じ、自分には向いていないと思っていました。しかし、ある日検査中に心停止した患者さんがおり、突然のことに何もできない私に対して、心臓マッサージをしたり、処置をしたりとそこにある命を必死に助けようとする姿に感銘を受けました。その日からあの時私に何かできたなら…と考えるようになり、私も看護師になって誰かを救いたいと思うようになったことがきっかけです。
現在の部署での仕事内容を教えてください。
私は現在、一般病棟で働いています。患者さんは慢性期から終末期まで、様々な疾患を持つ方がいます。仕事内容は、口腔ケアやサクション、ルート確保など一般的な看護技術をはじめ、療養指導、療養生活に対する希望を本人や家族に聞き取りカンファレンスして先輩から助言をもらいながら実践したり、他職種と相談して願いを叶えるためのお手伝いもさせてもらっています。また、当院は地域の医療を支えることを基本理念に挙げ、24時間体制で医療を提供しています。そのため、夜勤の他にも夜間の外来対応(急な発熱や外傷、救急車の対応など)も行っています。
現在の仕事で活かされている看護学校での学びはありますか?
演習のための道具も揃っているため、色んな看護技術の練習ができたことは今の自分の仕事に活きていると思います。例えば1年目で初めて患者さんが亡くなった時、エンゼルケア(亡くなった方の死後処置)でのこと。看護学校時代に専用のお化粧セットでどのように血色よく見せるかということを看護学校の先生に教わり、その時実践しました。それに対して家族は「ばあちゃんもうこんなに冷たくなったのに生きているみたいだ。うれしいよ。こんなに綺麗にしてくれたんだね。」と泣いて喜んでもらったことは今でも記憶に残っています。
看護師を目指す後輩へのメッセージ
看護師になりたいと思う気持ち素敵だと思います。看護学生時代にした経験は看護師になったときの自分に必ず返ってくると私は思います。そこまでの道のりは大変ですが、最初に抱いた思いを忘れずに夢に向かって頑張ってください。

お問合せ

TEL:0157-26-0393
FAX:0157-26-0310
MAIL: