沿 革

昭和27年准看護婦の養成を目的として北見医師会付属看護婦養成所を設立。
昭和56年北見医師会看護専修学校と改組される。
平成09年北見医師会看護専門学校となり、看護学科2年課程(昼間定時制)第1回生入学。
准看護学科に第46回生入学。
平成29年3月 看護学科2年課程(昼間定時制)閉課。
平成29年4月看護学科3年課程(全日制)開設。

現代医療の進歩に合わせた看護従事者の資質向上及び高齢社会に伴う看護職者の需要増加という社会的な要請に応えています。
准看護師資格取得後に、看護師の資格取得を目指せるように、平成9年4月、北見医師会看護専門学校に名称を変更して、装いも新たに准看護師・看護師の養成が始まり、現在に至っています。

校舎は4階建てで、広く清潔な実習室、学生の自主的な学習を支援する図書室(蔵書8,445冊)、グループ学習ができる演習室、情報処理室(パソコン40台設置)、標本展示コーナー、休養室などが設備されています。
また、講師には、近隣の保健医療福祉の第一線で活躍する医師、看護職者、薬剤師、栄養士等、経験豊かな専門職者を迎えています。

教室
図書館
実習室

学生はこのような充実した学習環境の中で資格取得に向かって勉強に励んでおります。
多彩な講師陣と教職員が一丸となり社会に貢献できる看護実践者の育成に尽力しております。

看護学科

修業年限3年:1学年40名定員

准看護学科

修業年限2年:1学年20名定員

Copyright © 2017 北見医師会看護専門学校 All Rights Reserved.